事業承継のことならM&Aを提供している業者に頼もう

海外展開も視野に

会社の経営戦略上、企業買収はたいへん有効な手段です。なぜなら、事業の拡大を狙う場合に、時間とコストを削減することができるからです。特に、海外への事業展開を狙う場合には、有効と言えます。なお、企業買収をスムーズに行うためには、仲介人を立てると効果的です。

事業の円滑な引き継ぎ

オフィス

仲介業者が交渉を支援

企業の経営者が事業経営を後継者に引き継ぐ場合には、親族内継承と親族外継承という2通りの方法があります。中小企業の多くは親族内継承が大半でしたが、最近では親族以外の従業員に経営を引き継いでもらうケースが増えています。それでも後継者問題に悩んでいる経営者は多く、M&Aによる事業承継という選択肢も大きくクローズアップされるようになりました。大企業が関わるイメージの強いM&Aですが、中小企業にとっても円滑な事業承継を実現させるための有力な手法となっているのです。M&Aでは経営権の引き継ぎと同時に、企業の株式を後継企業に売却することによって円滑な事業承継を実現させています。事業承継に名乗りを上げる企業は資金力を持っているため、親族内継承や従業員への継承と比べても経営の安定化が期待できるものです。企業の事情によっては会社の存続と社員の雇用継続が危ぶまれているケースも少なくありませんが、M&Aによる事業承継ならそうした問題も解決できます。M&Aの相手先企業を探して交渉を円滑に進めていくためには専門的な知識も必要とされるため、成功例の大半では仲介業者の支援を受けています。交渉を有利にするための磨き上げに加え、売却先企業の打診に使われるノンネーム情報、資産・財務査定・法務調査等のデューデリジェンスもM&A交渉では重要です。M&A仲介業者は企業評価につながるそれらの資料作成をサポートしており、クロージングと呼ばれる最終的な決済を着地点として交渉の仲立ちをしてくれます。仲介業者の中には相談料を無料としているところも多く、交渉が成立した際に成功報酬が支払われるケースが一般的です。事業内容によってはM&A交渉に数年を要する場合もありますが、仲介業者の支援を受けることでそのプロセスは短縮できます。M&A事業承継に成功した企業は経営基盤が強化され、新たな競争力を獲得して業界での優位性を高めているのです。

ビル

買収で期待できる利点

他の企業を買い取って自社に加える企業買収は、企業経営にとって様々な利点を備えています。資産や人材などをまるごと確保できるので企業規模の拡大に貢献する他、ノウハウや技術力を自社にプラスする効果もあります。企業を大きくするためにぜひ活用したい手法の一つです。

男女

ビジネス戦略の一つ

企業買収は最近話題になっている企業戦略の一つです。成功事例は50パーセント程度にとどまりますが、ビジネススピードに対応できるなどのメリットも多くなっています。しかし金額面に関しては、投資回収までのプランを明確にする必要があります。