事業承継のことならM&Aを提供している業者に頼もう

ビジネス戦略の一つ

男女

投資回収できて初めて成功

企業買収が盛んに行われるようになっています。海外では一般的に行われる企業買収が日本でも主流になりつつあるのです。この背景には、日本企業の株主が海外主体に変化しつつあることと、ビジネスのスピードが速くなっていることにあります。企業は新しい戦略を打ち出すことで成長をしていきます。同じビジネスだけを繰り返しても成長は見込めないのです。そのため、常に新しい分野への進出などを行っています。しかし一からビジネスを始める場合、時間を要します。もちろん、経験やノウハウ、知識が必要になるため、成功率も低くなります。企業買収は、すでに成長曲線にあるビジネスを購入することになりますのですぐにビジネスを軌道に乗せることが可能になります。しかし企業買収は、金額的なデメリットもあります。投資金額を回収できるケースが、50パーセント程度です。そのため、慎重に判断することが大事になるのです。企業は成長曲線をたどっている状況で売りに出されます。そのため、金額が高めになっていることが多いのです。企業買収後は雰囲気なども変わるため、買収前の成果をそのまま出すことはできません。買収後に企業を軌道に乗せることこそ本当のマネジメント力が試されることを認識しておかなければなりません。特に海外に企業は買収する目的が日本と異なりますので、買収後に後悔するケースが多くなっていることに気を付ける必要があります。また内部統制などを目的に企業買収するケースもあります。